バルト三国の歴史


リトアニアの歴史(〜1795)


 バルト三国の1つを構成するリトアニアの国土は、6万5300平方キロメートルで、北海道の8割くらいの広さです。しかし、中世のリトアニアは現在のベラルーシ、ウクライナ、ロシアなどにまたがる広大な領土を支配した歴史があります。
 
リトアニア大公国の発展
リトアニア大公国の発展
 紀元前2000年頃、リトアニア人の祖先とされているインド・ヨーロッパ語族のバルト族が南方からやってきて、現在のリトアニアやラトヴィアの辺りに定住しました。
 
 9世紀から10世紀にかけて、バルト海沿岸にはヴァイキングが進出してきました。12世紀末頃になると、西方からキリスト教化のためにドイツ人が進出してきます。現在のラトヴィアからエストニア南部にまたがる地域はリヴォニアと呼ばれ、この地を征服したドイツ人はリヴォニア騎士団を結成します。リトアニアは、このリヴォニア騎士団や西方のチュートン騎士団(ドイツ騎士団)の侵入に悩まされました。
 
 こうした状況の中で、13世紀初頭にミンダウガスの元にリトアニアの諸部族がまとまります。ミンダウガスは、リトアニアにキリスト教を導入し、1253年にローマ教皇の同意を得てリトアニア王に即位しました。
 
 しかし、ミンダウガスは1263年に暗殺されてしまいます。以降のリトアニアの君主は国王として戴冠することができず大公を名乗ったため、ミンダウガスはリトアニアの歴史上で唯一の国王となりました。
 
ミンダウガス王(リトアニアのヴィリニュス)
ミンダウガス王
ゲディミナス大公 →
ゲディミナス大公(リトアニアのヴィリニュス)
 
 ミンダウガスの死後、混乱するリトアニアをまとめたのがゲディミナスでした。1316年にリトアニアの支配者となったゲディミナスは、リトアニアを東ヨーロッパ最強の国家に発展させた君主として知られています。
 
 ゲディミナスは戦争と外交を駆使して現在のベラルーシにあたる領土を獲得し、1323年にはヴィリニュスをリトアニア大公国の首都に定めました。
 
ヴィタウタス大公(リトアニアのトゥラカイ城)
ヴィタウタス大公
 ゲディミナスの息子アルギルダスは弟のケーストゥティスをトゥラカイ公に任命して西方の防衛を担当させる一方で、自身は東方に遠征して現在のウクライナ方面に領土を拡大しました。
 
 ケーストゥティスの息子ヴィタウタスの治世にリトアニアは全盛期を迎えます。また、アルギルダスの息子ヨガイラはポーランド王国のヤドヴィカと結婚します。ポーランド王国には王子がいなかったためヨガイラがポーランド王に即位します。
 
 1410年7月15日、ヨガイラ率いるポーランド軍とヴィタウタス率いるリトアニア軍の連合軍は「ジャルギリスの戦い」でチュートン騎士団に大勝利をおさめます。
 
ジャルギリスの戦いを描いた絵画(リトアニアのトラカイ城)
ジャルギリスの戦い
 
 「ジャルギリスの戦い」によって騎士団は壊滅的な打撃を受け、ポーランドとリトアニアはドイツの脅威から解放されました。
 
 ヴィタウタス大公の死後、リトアニアはポーランドに吸収されていき、1569年のルブリン合同によってポーランド・リトアニアの連合国家が成立します。この国家はヨーロッパ最大の領土を誇りましたが、やがて王位を巡る内紛やロシアやスウェーデンとの戦争で疲弊していきます。
 
 これにつけこんだロシア、プロイセン、オーストリアによってポーランドとリトアニアは3分割され1795年に消滅しました。
 
ポーランド・リトアニアの分割
ポーランド・リトアニアの分割
 
 
1236年 ミンダウガス、リトアニア大公に即位(リトアニア大公国の成立)
1251年 ミンダウガス、リトアニアにキリスト教を導入
1253年 ミンダウガス、リトアニア王に即位
1263年 ミンダウガス、暗殺される
1316年 ゲディミナス、リトアニア大公に即位
1323年 ゲディミナス、ヴィリニュスをリトアニアの首都に定める
1323年 リトアニアの首都ヴィリニュスの丘に建つゲディミナス塔ゲディミナス、ヴィリニュスをリトアニアの首都に定める
(写真はリトアニアの首都ヴィリニュスの丘に建つゲディミナス塔
1377年 ヨガイラ、リトアニア大公に即位
1386年 クレヴォの合同(ポーランド・リトアニア同君連合の成立)
1386年 ヨガイラ、ポーランド王国のヤドヴィガと結婚。ヨガイラはポーランド国王に即位(ポーランド王ヴワディスワフ2世)
1392年 ヴィタウタス大公の居城トゥラカイ城ヨガイラ、従兄弟のヴィタウタスにリトアニア大公の地位を譲る
(写真はヴィタウタス大公が居城としたリトアニアのトゥラカイ城
1410年 「ジャルギリスの戦い(ポーランドではグルンヴァルドの戦い)」で、ポーランド・リトアニア連合軍がドイツ騎士団に勝利
1525年 ドイツ騎士団、ポーランド王に臣従してプロイセン公国が成立
1569年 ルブリンの合同(ポーランドとリトアニアの連合国家が成立)
1579年 リトアニアの首都ヴィリニュスに建つヴィリニュス大学ヴィリニュス大学設立
(写真はリトアニアの首都ヴィリニュスに建つヴィリニュス大学
1700年 大北方戦争(〜1724年)
1772年 ロシア、オーストリア、プロイセンによる第一次ポーランド分割
1793年 ロシア、プロイセンによる第二次ポーランド分割
1795年 最後のポーランド・リトアニア連合国の王スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ(ポーランドのワルシャワ歴史博物館)ロシア、オーストリア、プロイセンによる第三次ポーランド分割。ポーランド・リトアニア連合国家が消滅
(写真はポーランドのワルシャワ歴史博物館に展示されているポーランド・リトアニア連合国家の最後の国王スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ