スイス旅行記


朝焼けのマッターホルン


 今日は6時に起床です。窓の外に目を向けると快晴です。さっそく準備をしてカメラを持って出かけます。
 
 ホテルから5分ほど歩いて、マッター・フスパ川に架かる「日本人橋」にやってきました。今日の日の出は6時50分頃とのことです。多くの観光客で混み合うと思って6時30分にやってきましたが、橋の周辺にはまだ数人の観光客がいるだけです。
 
日の出前のマッターホルン
日の出前のマッターホルン
マッター・フィスパ川
マッター・フィスパ川
 
 しばらく橋の周辺で撮影していると、徐々に観光客が増えてきました。時計を見ると間もなく6時50分です。息を呑んでマッターホルンを眺めていると、頂上が赤く染まってきました。
 
マッターホルン円形
赤く染まり始めるマッターホルン
赤く染まり始めるマッターホルン
← マッターホルン遠景
 
 朝日に照らされ始めて3分ほどで半分近くが赤く染まってきました。
 
赤く染まっていくマッターホルン
赤く染まっていくマッターホルン
赤く染まっていくマッターホルン
赤く染まっていくマッターホルン
 
 さらに5分ほど経過して、時計の針が7時を指す頃にはマッターホルン全体に日を浴びてきました。
 
マッターホルン遠景
マッターホルン遠景
全体に日を浴びるマッターホルン
全体に日を浴びるマッターホルン
 
 7時を過ぎて日が完全に昇ると、大勢いた観光客がホテルに戻っていきます。私もホテルに戻ります。
 
 
 ホテルに戻ったら朝食を済ませて荷物をまとめます。8時にホテルをチェックアウトして荷物をツアー会社のバスに預けたら、私たちは徒歩でツェルマット駅に向かいます。
 
マッターホルン
マッターホルン遠景
早朝のマッターホルン →
マッターホルン
 
 1時間前に朝焼けのマッターホルンを見た橋にさしかかると、青空の下にマッターホルンがはっきりと見えます。これから向かう展望台からの眺めも期待できそうです。
 
マッターホルン
バーンホフ通り ↑→
マッターホルン
 
 ホテルを出発して15分ほどでツェルマット駅に到着です。ツェルマット駅の向かい側にゴルナーグラート登山鉄道駅があって、私たちは8時24分発の登山鉄道に乗ってゴルナーグラートの展望台へ向かいます。
 
ゴルナーグラート登山鉄道駅
ゴルナーグラート登山鉄道駅
ゴルナーグラートの路線図
ゴルナーグラートの路線図